MENU

車のオプションには種類があり、それぞれ特徴が異なります。
査定時のメリット・デメリットについても様々です。

 

 

メーカーオプション

メーカーオプションとは、その車のメーカーが購入者の依頼に沿って、
製造工程で純正部品を取り付けてくれるオプションのことを言います。
カーナビやオーディオ関係、室内マット、ドアバイザーなどがこれに該当しますか、
これらは車を購入した時にサービスとして付いてくることもあります。

 

メーカーオプションが付いていると、車を買い換えたいと思った際に査定が高くなりやすいですが、
必ずしも社外品オプションよりも優れているというわけではありません。
特に、カーナビやオーディオ関係は社外品の方が性能が良くなっています。

 

また、いくら純正オプションであっても好みの差が出やすいものについては、
返って査定がマイナスになるものもあります。
例えば、ヘッドライトやサンルーフ・車両安定制御システムなどは、好んで選ぶ人もいる反面、
逆に、付いていることが煩わしいと感じる人もいるようです。

 

スタッドレスタイヤのような、使用する場面や地域を選ぶものもマイナスになりがちです。

 

 

ディーラーオプション

ディーラーオプションとは販売店で取り付け作業を行うオプションであり、
必ずしもメーカー純正品とは限りません。

 

よって、査定時にメリットがあるとは言い切れないのですが、
メーカーオプションと異なり交渉次第で大幅に値引きしてもらえることも多々あるので、オトクな面もあります。
メーカーの工場から完成車がディーラーに到着し、ディーラーにて取り付けを行います。

 

これは言い換えれば、後から簡単に取り外すこともできるはずで、
車の売却時にはオプション部分だけ取り外し、オークションなどで売ることも可能です。

 

 

社外品オプション

自分でカー用品店やオークションで購入して取り付けることによって、
メーカーオプションやディーラーオプションと比較すると、格段に安く上がります。

 

しかし、査定時に有利な条件としてカウントされることはないので、
取り外してオークションなどで売却することをオススメします。

 

 

 

注意点として…
自動車の購入価格に対して自動車取得税が掛かるようになっています。
つまり、メーカーオプションを取り付けた場合には、
オプション代にも取引税および自動車取得税が掛かります。"

 

ガリバーの「愛車無料査定」。

車種・年式・走行距離 等の簡単な入力で概算価格が分かる!

たった1分の簡単入力で出来る便利なサービスです。

 

あなたの愛車、今売ったらいくら!?