MENU

洗車は車内から

あなたは、どの位の頻度で車内の清掃を行なっていますか!?

 

車の清掃とは何も洗車だけのことではありません。
無論、クルマの外観を磨く洗車も大切ではありますが、
車内がどの程度キレイに保たれているのかということも、実は査定額に大きく影響してくるのです。

 

外面の洗車に関してはガソリンスタンドに頼めば、ある程度はピカピカにしてくれます。
撥水加工やワックス処理までしてくれるので、洗車後は汚れも付きにくくなるはずです。

 

しかし車内をキレイに保つためには、日々の努力が必要になってきます。
新車に乗ったときには、誰もが新車の何とも言えない匂いというものを感じると思いますが、
時間が経つにつれ、そのにおいは徐々に薄れていくはずです。

 

 

大切に乗られたクルマは査定員には分かるもの

それは一体、何故なのでしょう。
普段、何気なく行っている車内での行動によって、
だんだん劣化していくからです。

 

まず、気を付けなければならない一番の匂いは煙草です。
煙草のにおいというものは、なかなか取れにくいものであり、
喫煙を吸うときは常に窓を開けていたとしても、車の中ににおいは染み付いてしまいます。
更に、ヤニが付着することによって車内の色合いも新車とは異なってくきます。

 

タバコ嫌いのひともいるので、
車内では禁煙にしておいた方がクルマは高く売れます。

 

尚、現実にはタバコを吸っていたクルマで、
ヤニ臭かったりすると査定額が下がるといった方が適正かもしれません。

 

また、食べ物のニオイというものも車内に付着しやすくなっています。
車の中でにおいの強いものを食べたり、焼肉を食べた後に車に乗り込むと、
そのにおいもまた車内に染み付いてしまうのです。

 

なので、消臭スプレーなどで常に注意をしてケアをしておけば、
においは染み付きにくくなり、突然人を乗せなくてはならなくなった時にも慌てずに済みます。

 

さらに化粧品のにおいや香水の匂いも同様に問題です。
強い香水や整髪料のにおいには十分に気を付けて下さい。
車内にイヤなにおいが残っていると、査定額に大きく影響するということを覚えておくべきです。

 

シートの下やマット類の掃除も大切です。
気付かない内に泥やホコリが溜まりやすい場所であるため注意が必要となります。

 

ダッシュボードの中もキレイに整理をし、誇りが溜まらないようにしておきましょう。
もちろん大事な車検証もすぐに取り出せるようしておきましょう。
そして車検証ケースにホコリが付いていたら拭き取っておくくらいの気遣いをすると、
査定時の印象は格段にアップするはずです。

 

 

査定員はどれくらい大切にしているかどうか、あなたのクルマから判断していますよ。

 

ガリバーの「愛車無料査定」。

車種・年式・走行距離 等の簡単な入力で概算価格が分かる!

たった1分の簡単入力で出来る便利なサービスです。

 

あなたの愛車、今売ったらいくら!?