MENU

車を売ろうと思った時の査定価格に影響するのは

車の改造や装飾が好きだという人は、思いのほか多いようです。

 

カー用品店には様々なパーツが揃っているので、
色々とやり始めると楽しくて止まらなくなってしまうようですが、
そのような時でも、元から付いていた純正パーツはキチンと取っておかないと、
いざ、車を売ろうと思った時の査定価格に影響してしまいます。

 

アルミホイールを付け替えるのなら、純正ホイールは必ず保管しておいて下さい。

 

しかし、エアロパーツ類は取り付ける際に穴を開ける必要があるため、
査定時には、どうしても影響が出ると思っておくべきです。

純正品があるかないか。ちゃんと保管してますか?

エアロパーツとは高速で走行するレーシングカーなどの安定走行・空圧低下、
そして、駆動エンジンや制動装置の過熱を防止するためのものであり、
普通に制限速度内で高速道路を走る分には、あまり意味がないのですが、
ファッションとして取り付けている人が多く、実際そのような車を良く見かけます。

 

エアロパーツの種類としては、以下のとおりです。

 

・フロントスポイラー
  フロントバンパーに装着し、車体の下へ流れ込む空気の量を調節して浮き上がりを防止する
・サイドスポイラー
  車体の側面に流れ込む空気を効率良く後部へ流す
・リアアンダースポイラー
  車体後方にできる空気の渦の発生を抑え、スムーズに気流を受け流せるようにする
・リアウィングスポイラー
  街で最も目にするタイプのエアロパーツであり、
  車体後方窓の上部に装着して気流を整えると共に、後輪のグリップ力を増大させ地面に密着させる

 

 

トランクドアを飾りたいと思った時も、純正のトランクドアは外して保管しておき、
別途、購入したジャンク品のトランクドアを仮付けして、
それに装飾をするようにしておいて、
査定時には元の通り、純正に戻しておけば問題はありません。

 

とにかく購入時に付属されていたものについては、
できるだけ元の状態を保ったまま保管して
見積り時には元に戻しておくべきです。

 

取り付けが難しい場合でも、
査定時には一緒にしておいた方が高額査定を引き出しやすいですよ。

 

ガリバーの「愛車無料査定」。

車種・年式・走行距離 等の簡単な入力で概算価格が分かる!

たった1分の簡単入力で出来る便利なサービスです。

 

あなたの愛車、今売ったらいくら!?