MENU

中古車を売却する際の基礎知識記事一覧

中古車を購入しようとした時、そのクルマが事故車と聞くと購入を躊躇する人は多いと思いますが、事故車とは、一体どの程度の車のことを言うのか知っていますか?クルマを買うときも問題ですが、売るときも、かなり問題になりますので知っておいて損はないでしょう。事故車というと、良くニュースや新聞などで目にする、車体がグッシャリと潰れているような車を想像する人もいるかもしれませんが、さすがに、あのような車が中古車市...

中古車の「買い取り」と「下取り」売る側からしたら、さほど違いがないような気もしますが、実はかなり内容は異なります。この「買い取り」とは、商取引であり、目的はもちろん、買い取った車を再度販売して利益を出すことです。これには再販売時の価格がキーとなり、その価格によって買い取り価格も変わってきます。よって、買い取り業者は常に中古車市場の動向にリアルタイムでアンテナを張り巡らせているのです。

中古車の売却時に必要となる書類については「小型・普通乗用車の場合」、「軽自動車の場合」では微妙に違います。小型・普通乗用車の場合自動車検査証(車検証)1通印鑑証明書      2通(1ヶ月以内発行のものに限る)自賠責保険証明書自動車税納税証明書(都県税事務所)自動車リサイクル券(各運輸支局)実印振込銀行口座メモ譲渡証明書      1通(買取業者が用意してくれる)委任状        1通(買取業...

大体が、その車の中古市場で買取りの相場を元に計算されています。現在の車の時価から、そのクルマが売れるまでに掛かると思われる経費や利益を差し引いた金額。おおよそ70%以下で決まって買取価格になるのです。もちろん、その車が実際にはいつ売れるかは誰にも分かりません。いつまでも売れずにいると、経費ばかりが掛かってしまうため、高額の買取価格を提示するためには、なるべく早い時期に売る必要があります。そこで、ほ...

【1】無料査定の依頼インターネットなどで無料査定を依頼することができます。大体が、複数社からの査定を一括で依頼することができ、遅くとも翌日までには、各社からメールもしくは電話で査定金額の返事が来るので、手間が掛からず、とても便利です。尚、実際の買い取り価格は、現車を確認しないと分かりません。この一括査定では、どのようにして査定金額を付けているのかというと、各社が欲しい車に対してオークション形式で価...

近年では、ほとんどの中古車売買がオークションのカタチで行われ、中古車の流通にオークションはなくてはならない存在となっています。さらにインターネットが普及したことにより、全国のオークションにおける、中古車取引の情報をリアルタイムで手に入れることができるようになっているため、買取業者は、その動向を元にすることで、昔よりも高い査定価格を付けることが可能となりました。この中古車オークション市場には、3つの...

使っていた中古車の売却には、諸々の面倒な手続きが必要となり、売却に関連して、生活上で不都合となることも多々起きてきますが、そんな時に大変便利である各種のサービスが存在します。◆売却に付随する手続き代行サービス車の売買を行う際には、自動車所有名義人の名義変更(名義移転登録)を行う必要があります。これは車の譲渡から15日以内に、その車を使用する本拠地となる地域の管轄陸運局、もしくは運輸支局内の自動車検...

やはり車の売却先を選ぶ際は、トラブルを防ぐためにも良く調べて信用のおける業者を探すことが大切です。その点、キチンとした業者なら、通常トラブルをが発生するようなことはないのですが、中にはどんな悪徳業者が潜んでいるか分かりません。また売却相手が業者ではなく、たとえ個人であった場合であっても、売却前には、無料のもので構わないので一括査定を受けておくこと、そして契約書を作っておくことをオススメします。

地方や海外へ転勤することが決まったけれど、また数年後には戻ってくるという場合、現在使っている車はどうしたら良いのでしょうか!?。転勤先では会社が用意してくれた車を利用するので、わざわざ持っていく必要はないし、戻ってきた時には、また使いたいので売る気にもなれない。しかし乗らずに取っておいただけでも、税金は支払わなければならないのですから、どうするのがイチバン良いのか悩んでしまいますよね。そんな時には...

どんなに大切に乗り続けたとしても、クルマにはどうしても寿命というものがあります。部品の交換が行える内は良いのかもしれませんが、部品が廃番となってしまって交換不能となり、車の安全性に問題が出てきてしまう場合には、さすがに乗り続けることは出来なくなります。また新車登録から10年以上経過した中古車や10万キロ以上過ぎた場合にも、廃車の対象となることでしょう。そして、そのような時には必ず「廃車手続き」が必...

自動車が日本国内の公道を走るためには、車検(車体検査)を受けて通過し、車検証が発行されていることと、自動車登録を行い自動車登録番号標(ナンバープレート)が取り付けられていることが必要です。反対に、自動車を廃車としたい時には、自動車登録番号標(ナンバープレート)を陸運局に返却し、その自動車の登録抹消を行わなければなりません。この登録抹消手続きには3つの方法があり、それぞれ意図する内容が異なります。