MENU

中古車の売却時に必要となる書類については「小型・普通乗用車の場合」、「軽自動車の場合」では微妙に違います。

 

小型・普通乗用車の場合

 

  1. 自動車検査証(車検証)1通
  2. 印鑑証明書      2通(1ヶ月以内発行のものに限る)
  3. 自賠責保険証明書
  4. 自動車税納税証明書(都県税事務所)
  5. 自動車リサイクル券(各運輸支局)
  6. 実印
  7. 振込銀行口座メモ
  8. 譲渡証明書      1通(買取業者が用意してくれる)
  9. 委任状        1通(買取業者が用意してくれたものに署名捺印)

 

※車検証に記載されている住所と現住所が異なる場合
  住所を1回変更している場合      … 住民票1通
  住所を2回以上を変更している場合   … 住民票と戸籍の附票1通
                       もしくは住民票の除票1通
※結婚して姓が変わっている場合      … 戸籍謄本1通

 

 

軽自動車の場合

  1. 自動車検査証(車検証)   1通
  2. 自賠責保険証明書
  3. 軽自動車税納税証明書(市区町村役場)
  4. 自動車リサイクル券(軽自動車検査協会発行)
  5. 印鑑(認印でOK)
  6. 振込銀行口座メモ
  7. 自動車検査証記入申請書   1通(買取業者が用意してくれる)

 

 

注意事項

書類や証明書を紛失してしまった場合

 

 …車を売却する際に必要となる証明書類については再発行ができるので心配する必要はありません。

 

ローンがまだ残っている場合

 …車の所有者の名義がローン会社または自動車販売店になっている場合があります。
  もし、その名義人となっている会社が既に無くなっていた場合には所有権譲渡手続きが必要になりますが、
  個人で行うと大変なので、買取業者に依頼した方が安全であり確実です。

 

還付税について

 …以前は、名義変更を行う月によって自動車税が還付されていましたが、
  現在では制度が変わり、還付および新課税のどちらも廃止されています。

 

ガリバーの「愛車無料査定」。

車種・年式・走行距離 等の簡単な入力で概算価格が分かる!

たった1分の簡単入力で出来る便利なサービスです。

 

あなたの愛車、今売ったらいくら!?