MENU

最初に提示される査定額は微妙

ガリバーは全国展開している大手中古車買取専門店です。

 

リピート率も高く良い評判も豊富にありますが、
利用者が多い分、中には悪い評判もあります。

 

その理由として多いものが、

  • 「ガリバーのスタッフはほとんど素人同然であり、若い人が多く、スタッフの対応や店舗によって査定額にバラつきがあること」
  • 「ゆっくり検討したかったのに、その場で契約することを強く勧めること」

などが挙げられます。

 

確かにガリバーのスタッフは若い人が多く、
最初に提示される査定額もいまいち信用できない部分は否めません。

ガリバーは2度目の交渉が勝負?

ガリバーは全国相場から査定額を本部の数十人で決めているため、
現場のスタッフは自動車のコンディションをチェックする程度の役割であると考えられます。

 

また若い人はガリバーだけに限らず勢いがあるので、
なるべく安く買い取って営業成績を上げようと意気込んでいる可能性もあります。

 

また、ガリバーに限らず、その場で即決することを勧めるスタッフは多いです。

 

この即決については中古車買取り業界の風習と思っていた方が良いでしょう。

 

しかし、無理矢理契約することなど誰にもできないことなので、
比較検討したいという由をはっきり伝えればほとんど問題ありません。

 

ガリバーを実際に利用した人のクチコミ情報や管理人が
過去2回ほど利用した経験からいえることは、店舗やスタッフにもよりますが、
最初の見積り査定額は他社と比較し場合、数万円だけ高い程度です。

 

しかしガリバーが面白いのはココからです。

 

他社との査定額の比較やできる限り早く売りたいことを伝えると、
本部と連絡を取っているのか?取っているフリをしているかは不明ですが、
10万円ほど最初の交渉よりも高くなるケースがほとんです。

 

○ビットが17万円の査定だった軽自動車がガリバーで
42万円で買取してもらえたなどのケースはザラにあります。

 

その差、2.5倍以上・・・。なので、ガリバーの悪い評判を恐れず、
一度は査定をされることをオススメします。

 

ポイントはガリバーは2度目の交渉が勝負!ということです。